« 美容の裏ワザについて:メイク前後のチェックポイント & abbey 芸能人の紹介 | トップページ | 美容のための裏ワザについて:マニキュアを上手に落とすコツとは & lovest 青山の紹介 »

2012年3月 1日 (木)

美容の裏ワザについて、トラブル肌をカバーするメイク & アヴェダ 静岡の紹介




美容の裏ワザについて、トラブル肌をカバーするメイクについて。
◆肌のキメの粗さをカバーするワザ。
トラブル肌について考えてみたい。普段からトラブル肌を抱えている状態でもメイクはしないといけないことが多い。肌のキメの粗さが気になる場合のカバー方法について、考えてみたい。普通、肌のキメの粗さを隠したい時には、油分の多いクリーム状のファンデーションを使いがちである。

油分が多いので肌にツヤが出たように見え、キレイになると思われがちであるが、実は逆である。肌にツヤが出た分だけ、肌のキメの粗さを目立たせているのである。つまり、キメの荒さを隠すには油分が少ないファンデーションを使う必要がある。

その一方で地味な印象になってしまうのは仕方がない。その分他のメイクでカバーするように心がけるのが良い、以下のような小道具で、カバーするのが良い。 ・ツヤの出るタイプの口紅を使う。 ・パール入りのアイシャドーを使う。 ・パール入りのマスカラを使う。

【アヴェダ 静岡】 ティア アヴェダ TEAR AVEDA| 新静岡 / 静岡 / 日吉町 のヘアサロン(美容室・美容院) | BIGLOBE Kirei Style

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


美容の裏ワザについて、チークを上手につけるコツ。 ◆ブラシはたっぷりしたものを。 健康的で美しい顔だちにするためのメイクにおいて、チーク(頬紅)の入れ方が上手になることは大変重要である。チークの入れ方一つで、健康的にもなるし、印象が悪く暗くなることもあるからである。今回は、メイクの中でも難しいとされるチークの入れ方についてのコツを考えてみたい。チークを入れる際に失敗するケースの主なものはムラになってしまうことである。

ふんわり色をのせる、透明感を出す、というのがとても難しいのである。より失敗を減らすためには、ある程度は道具に頼りたい、専用のブラシを別途購入することをおススメする。専用ブラシの選び方のポイントとしては、以下の4つは押えておきたい。

・毛の量がたっぷりあるもの。
・リス毛などのやわらかい毛質のもの。
・ブラシは柄の長さは、2~3cm程度のもの。
・毛先が丸くカットしてあるもの。

このような専用ブラシでムラなくチークを入れることができると、自然な立体感を持たせることができ、チークに関しては初心者卒業である。

【drop ドロップ 武蔵浦和】 ドロップ drop| 西浦和 / 武蔵浦和 / 中浦和 のヘアサロン(美容室・美容院) | BIGLOBE Kirei Style:http://kirei.biglobe.ne.jp/t_salon/bnavi/salon/detail/23496/
美容の裏ワザ:目元のケアは上まぶたも重要 & ダイエットの際の「お腹か減って、つい」を防ぐ食物繊維

« 美容の裏ワザについて:メイク前後のチェックポイント & abbey 芸能人の紹介 | トップページ | 美容のための裏ワザについて:マニキュアを上手に落とすコツとは & lovest 青山の紹介 »

美容・コスメ」カテゴリの記事

無料ブログはココログ